ボクが所属していたのは軽音学タイプだ。

身は大学時代に集まり行動に夢中になっていました。身が所属していたのは軽メロディー学集まりだ。大学といったら集まり行動です。結構集まりに入って良かったって今でも思っています。大学に入学したら軽音楽集まりに入りたいは思ってはいたものの未経験だったので不安な点も多かったです。身が入った集まりはフリーターが多く未経験の身にきちんと親切教えてくれる熟練はいませんでした。なので、ゼロ年生のときはいつも精一杯曲を弾いていました。生に出たくないなと想うこともあったほどだ。但し諦めずに続けて赴き、少しずつはじけるようになってくると生が楽しみになってきました。躾でバンド隊員というもめたり、集まりのオペレーションでもめたりって言い争うことも手広く穏やかな集まりではなかったけれど、それも今となっては一部始終笑い話で楽しかった物覚えだ。そうして、言い争っても辞める振舞いのない近くにも出会えたことは一生のおいて至って大きなプラスになりました。恋活アプリのおすすめをチェック